D&ASSOCIATE 〜整理収納ソムリエ:だーかねブログ〜

整理収納をきっかけにして、人生を変えてみませんか。

年賀状の整理をする季節がやってきました

time 2017/01/20

年賀状の整理をする季節がやってきました
Pocket
LINEで送る

こんにちは、整理収納ソムリエのだーかねです。

年賀状の当選番号が1月15日に発表されました。

皆さん、番号の確認は済みましたか?

まだの方は今どうぞ。

FireShot Screen Capture #066 - 'Google' - www_google_co_j

当選した方は2017年7月18日(火)までに引き換えすることを忘れないようにしましょう。

画像ともに:郵便局

当選番号の確認が終わったら

さあ、番号の確認が終わったらもう年賀状に対してやることはありませんね。

皆さんは年賀状をどうしていますか?

ひたすら何年分も保管し続けていますか?

それとも即座に廃棄していますか?

即座に廃棄している人ってあまりいないですよね。

では保管している人ってどのような理由ででしょうか。

1.どうしていいか分からず、特に決まった意思もなく保管し続けている

2.自分宛のメッセージが書いてあり、捨てづらい

こんなところでしょうか。

そして明確な意思がない表れか、綺麗にちゃんと保管されているかと言うとそうでもなく、雑に保管されていることが多いですね。

でも冷静に考えてみてください。

普段から年賀状を見ることってありますか?

ないですよね。

見るとしても、次の年賀状の準備をする時ぐらいではないでしょうか。(前回誰からもらったかとか住所の確認とか。)

1年に1度見るか見ないかぐらいの頻度のものを、このまま保管し続けますか?

では整理しましょう

このまま何年分も溜め続けても正直キリはありません。

なので整理をしましょう。

2年分保管するようにするとか、1年分保管するようにするとか。もしくは当選番号を確認して廃棄するとか。

マイルールを作って一定以上に増えないようにしましょう。

どこを基準にするかは自分自身の判断で良いと思います。

年賀状を保管しているスペースが増え続けないように意識することが大切です。

保管し続けるのが面倒、でも捨てられないと言う思いがなくならないのであれば、スマホで撮影してデータ化するのもありだと思いますよ。

でもデータ化する場合、写真と違って両面撮影しないと誰の分だか分からない場合があるからそれはそれで面倒かもですね。

ここで気をつけるべきことは、年賀状を出してくれた人のことを考えすぎないこと。

「〜さんが私のために書いてくれた年賀状だから、廃棄するのが申し訳ない。」

まあ、これは年賀状に限らず贈答品でもよくある現象ですが。

皆さんも逆の立場ならどうでしょう?

「私が書いた年賀状、〜さんはちゃんと保管してくれてるかな。」

なんて気にしていますか?

ほとんどの人が気にしてないですよね。

だから出してくれた人のことは考えず、自分の意思で保管するかどうかを決めましょう。(出してくれたこと自体に感謝するのはもちろんのこと。)

それに細かい言い方をしたら、もらった時点で所有権はあなたです。だからあなたの判断で決めたらいいんです。

当選したって出してくれた人と景品を山分けなんてしないじゃないですか。

仮に廃棄したことがバレて怒られることもありませんよ。

私の場合

では私の場合、どうしているかと言うと、はるか以前に年賀状を出すのをやめようと決意しました。

年末のバタバタする時期に年賀状にあれだけの時間と労力を使うのはもったいこと極まりない。

デザインと言い、オリジナルメッセージと言い、どれだけ考えに考えたことか。。。

具体的には、

1.受け身になる

まずは自分から出すのをやめました。

自分に届いた分だけ返事を書くようにしました。

これだけで年々届く枚数は減っていきましたね。

2.宣言する

一定数まで減ったところで、仲の良い気軽に話せる友達には年賀状出さない宣言をしました。

ここでさらに減りました。

3.宣言を遵守する

それでも出してくれる人っているんです。

私が出さない宣言したことを忘れてるとか、それを分かってて出してくれる人とか。

でも自分の宣言を遵守していると、もう一段減ります。

4.そして今

今でもまだ数枚届きます。

もう私が出さないことを全く苦にしない人。出すことに快感を覚えている人。

ここに関してはもう諦めました。

そういう人にはLINEやメッセンジャーでお礼の返事をしています。

そして保管に関しては、当選番号を確認したら廃棄です。

なのでわずか15日ぐらいの保管ってことになりますね。

さいごに

年賀状の場合、手書きのメッセージやオリジナルのイラストにこそ味がある。

そのような理由で継続して出している方もそれなりにいます。

確かに一理あります。

ただ、LINEやメッセンジャーだったら何も伝わらないかと言うとそうでもありません。

大切なのは気持ちであったり、文面であったり。

要は伝える手段ではなく、内容です。

年賀状をやめたからって、友達の縁は切れていません。

会社員時代も、取引先への発注権限を持っている部署に在籍していたので、取引先からの年賀状の数はものすごいものでした。

しかしながら、毎年毎年年賀状を出さない取引先もおり、だからと言って取引を停止するようなこともなくいつも通りの取引を継続していました。

結局、出すか出さないかでお互いの関係性は何も変わらないんですよね。

ほとんどの人にとって形だけの”恒例行事”になっている可能性が高いと言うことです。

そう薄々感じている人も多いと思います。

もしも嫌々年末に年賀状を書くのなら、やめてしまってその時間で自分のやりたいことをやった方がいいと思います。

本当に年賀状が必要だと思っているの方であれば、準備する時間を楽しみながら継続すればいいですし。

とにかく、自分の時間を大切にすると言うことを意識してもらいたいですね。

そして保管する分に関しては、自分に合ったマイルールを作ってみましょう。

 

D&ASSOCIATEのホームページはこちらです。

よろしければ1クリックのご協力お願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

down

コメントする




収納(冷蔵庫)

掃除(お風呂)

プロフィール

整理収納ソムリエ:だーかね

整理収納ソムリエ:だーかね

整理収納とは、人生に変革をもたらすための最終目標ではなく、きっかけにすぎません。そのきっかけ作りに携われたらなと思います。 家庭向け、企業向けの整理収納コンサルティングをメインとしており、セミナーも開催しています。 どうぞよろしくお願い致します。ホームページはこちらです。 → http://dandassociate.com

お問い合わせ



こちらでもブログ書いてます。